Hospital

新薬が生物学的製剤

リウマチの専門の医療機関が現在は増える傾向にあります、世田谷にもそういったリウマチ専門の医療機関があり、生物学的製剤などを用いた治療を行なっているのです。この生物学的製剤は効果が高いことで知られていますが、副作用もあり現時点では薬価の高い薬です。

Read More

尿酸が原因になる

痛風は尿酸という物質が主な原因となっており、血液中の尿酸濃度が緩和状態になると、尿酸が蓄積されます。尿酸の蓄積を防ぐためには、肥満を避けることが重要になります。

Read More

便利な専門科

内科は主に初めて来た患者の診察を行なう専門科であり、風邪や頭痛、腹痛といった病気の悩みから、擦り傷や切り傷といった怪我の悩みを解決してくれる場所です。世田谷区のような人口の多いう場所には多くあります。

Read More

乳製品や大豆で補給

自宅で健康になるためのサポートを受けられますよ。世田谷区で在宅医療を提供してくれる医院です。多くの治療に対応しています。

高齢者に発症しやすい脊柱管狭窄症に関して知りたい方は、コチラに詳しく掲載されていますのでご覧になってみてください!

乳製品や大豆製品によるカルシウムの補給

骨は常に生まれ変わっています。 骨の中には骨を新しく生み出す骨芽細胞と、古くなった骨を吸収する破骨細胞とがあります。 この2つの細胞がバランス良くはたらくことで骨の健康は保たれています。 ところが加齢や女性の場合は閉経、運動不足やカルシウムをはじめとする栄養の不足などを要因として、このバランスが崩れ骨を吸収するはたらきの方が強くなってしまうことがあります。 悪化すると骨は粗くスカスカの状態になり、骨の量がそれまでの2−3割減少して骨折の危険が増します。 この状態を骨粗鬆症と言うのです。 骨粗鬆症の予防においても治療においても、まず大事なのは栄養バランスの良い食事と運動の継続です。 主食、主菜、副菜とバランスのとれた食事を基本とするのを前提に、不足しがちなカルシウムの積極的な摂取が厚生労働省によっても推奨されています。 ちなみにカルシウムは乳製品、大豆製品、緑黄色野菜、海草類、小魚などに多く含まれています。

治療の基本は生活習慣の改善

骨粗鬆症の治療は、軽度の場合は食事療法と運動療法により進められます。 骨粗鬆症は悪化すると、転倒などの衝撃により骨折しやすくなるだけでなく、圧迫骨折のリスクも高まります。 圧迫骨折とは骨粗鬆症によりもろくなった椎骨(背骨)が潰れることで、背骨が曲がり背が縮まり、人によっては強い痛みを伴います。 そのような危険が高い場合は治療に薬物療法が加わります。 骨の吸収を抑える薬、骨の形成を助ける薬、骨の吸収と形成のバランスを整える薬、大きく分けてこの3種類の薬があります。 治療を担当する医師が個々の患者を診て処方する薬を決めます。 社会が高齢化するにつれて、骨粗鬆症の問題も注目を浴びるようになりました。 骨粗鬆症の発症や悪化の要因の1つに加齢もあるためです。 しかし生活習慣もまた骨を弱くする要因の1つであるため、厚生労働省や各自治体も、骨を強化する生活習慣の指導や検査などに力を入れています。 検査に興味があるが検査場所が分からないという場合は、各保健所などにお問い合わせください。

専門性の高い医療技術があるからささいなことでも親身になって対応してくれます。世田谷区の内科で身体の不調を改善しませんか。